福井県遠征

 昨日は、福井県のN小学校の合唱団の練習会場に行って来ました。合唱練習があるというので、無理を言って、見学をさせていただきました。そして、更に無理をいって、うちの合唱団の子供達も連れて行きました。

 連れて行って、本当によかったです。たくさん得るものがありました。感謝です。

 朝7時前に駅に集合。子供達はおうちの人に連れてきてもらって、眠たい目をこすりながらもやってきました。本当におうちの人に感謝です。


 切符を買い、駅の構内に入ると、まるで遠足気分。なんだかワクワクしてきました。



 福井県の会場へは、約90分で着きました。

 福井県のT先生、最初、いつものメニューとちょっと変え、歌を使ったゲームをやってくれました。以下の3つです。


●ハローハロー
 曲の途中で、何人と握手!!といい。たくさんの子と歌いながら握手をするゲーム。
●ゆかいにあるけば
 歌の途中で、お互いの表情を見合い、曲のあと、良い所を教えてあげる
●アルプス一万尺
 これがまた、おもしろかった。曲の途中でジャンケンをし、負けたら腹筋。あいこなら手をつないで、クルクルまわる。僕も参加しました。本当におもしろかったです。

 子供達キャッキャ言って、楽しんでました。これで、一気に雰囲気が和らぎました。これは音楽の授業や普段の練習でも使えそうです。

 

 さっそく、スコアメーカーで、3つの曲のファイルを作りました。明日からやるぞ〜〜。

 その後、その学校の自由曲の歌声を聴きました。これが、今年結成したとは思えないようなすばらしい歌声。驚きました。地声も混じっていますが、メリハリが利いていて、何よりも心に響く歌声でした。子供達の明るさがすばらしいです。
 とても明るい歌声でした。感動して、涙が出そうになりました。

 しばらく休憩後、うちの学校と合同で「夢の太陽」の指導をしてくださいました。

 言葉を大切にする指導。言葉をイメージ化し、それを声にする指導でした。その指導がまた、楽しくおもしろく、飽きの来ない指導でした。
 手をつながせて歌わせたり、向かい合わせにして歌わせたり、ジャンプしたり。楽しくイメージを作っていました。本当にすごいです。

 いろんな手段や方法、楽しいお話や冗談。変化とバリエーションを駆使して、指導されているのがよくわかりました。
 そして、そのご指導の結果、とにかく子供達が明るい!!
 僕の忘れかけているものを思い出させてくれました。
 子供達も、本当に行って良かったと、帰りの汽車でいっていました。

 福井県遠征。すばらしい一日でした。本当に心から感謝しています。

 さあ、今日は、高音・低音のメンバーをきめました。昨日の映像を何度も見て、さらに勉強しました。今日も合唱三昧の一日でした。

 明日から、楽しさも交え、変化とバリエーションと高いテンションで、合唱指導に取り組んでいきたいです.

苗代小学校合唱団トップページへ