合唱団、打ち上げ

 昨日、合唱団の打ち上げがありました。6年生が「打ち上げをさせてください」と言ってきたので、「君達が計画を立てて、やるんだったらいいですよ」と許可をしたのです。

 6年生、自分達で買い出しに行き、プログラムを考え、上手にやっていました。

ハンカチ落とし。ケイドロ。おやつタイム。鬼ごっこなど。どんどんプログラムは進みます。



 最後に歌のプレゼントと言って、「夢の太陽」と「未来を旅するハーモニー」を僕一人のために歌ってくれました。
 とても照れくさかったけど、とてもうれしかったなあ。

そして、「先生、今までありがとうございました。」といってプレゼントを手渡されました。あけてみると、こんなものが。




「必勝って書いてあるこのコップ。先生にぴったりでしょ。先生、熱血だから。」
 考えても見なかったことなので、本当に目頭があつくなりました。

こんなことを言いました。
「コンクールが終わってから、考えていたのは、君達のことばっかり。君達一人一人は先生にとって、宝物です。今まで本当にみんなよくがんばりましたね。自分と仲間に拍手。」

 パチパチパチパチ

6年生、本当によく動きました。中には、昨日キャンプであまり寝てない子もいます。それでも、一生懸命、後輩のために、お菓子の用意をしたり、ジュースの用意をしたり。すばらしい6年生です。




 そして、明るい笑顔で楽しむみんな、すばらしい子供達ばかりです。

 すてきな子供達。ゆったりと羽を伸ばし、残りの夏休みを楽しむんだよ。
苗代小学校合唱団トップページへ