韓国の合唱団との交流会が終わりました

はじめに
 
 総勢93名の方々が、韓国から、わが校に来ました。最初は「どうなるかな〜〜?」と少し不安もあったのですが・・・・・

 ほ〜〜んとうに、楽しい経験でした。

 まずは、高学年の子供達、よく動いてくれました。8時30分集合なのに、8時には学校に来てくれた子もいて、どんどん動いてくれました。どれだけ助かったことでしょう。

 そして、たくさんのお母さん方が応援に来てくださいました。お茶を沸かしたり、ペットボトルのお茶や飴を買ってきてくださったり、お掃除を手伝ってくれたりと・・・涙が出そうになるくらいうれしかったです。

 また、子供達みんなもよく働いてくれました。
 音楽室の机を出したり、昼食場所の準備をしてくれたり、講堂のイスを並べてくれたりと、かいがいしく動きます。あとでお母さん方、感心していました。


出会いの時間

 あっという間に9時20分。韓国の合唱団の方の到着時間です。大型バスでやってきました。

最初に、わが団長のあいさつ。
「アンニョンハセヨ。私たちは○○小学校合唱団です。最初にわが合唱団のテーマソング、Happy Melodyをお聞き下さい。」

立派なあいさつでした。回数を重ねるごとに上手になってきています。

 通訳の後。僕たち合唱団が歌いました。大きな拍手!!わが合唱団のテーマソングがあるって、うれしいなあ。作ってよかったなあと思いました。



 その後、僕がメインになって、歌遊びで交流をしました。「ハローハロー」って曲。これいいです。
 曲の合間、合間に人数を言い。その人数と握手するゲームです。最初は2人と握手ですが、その次は5人、10人とだんだん増えていき、最後は「全員!!」となります。日本側も韓国側も入りみだれ、大盛り上がりでした。




 その後、13グループに分かれ、わが合唱団の子供達の案内で、学校探検をしてもらいました。これもとても好評でした。改築直後の我が校。そのきれいさに感心されていました。



 中でも興味をそそっていたのが、プルタブの回収。ここまでリサイクルが進んでいるのかと感心されていました。

 また、低学年の「鬼の絵」これにも、興味津々。僕は「ジャパニーズモンスター」と教えました。そうそう、図書館の充実ぶりも感心していました。

 至る所で、我が合唱団の子供達と韓国の合唱団の人たちが一緒になり、記念写真。本当にすばらしい国際交流だと思いました。

 韓国の方々、とっても喜んでいました。我が合唱団、日本と韓国の国際親善に貢献しました。子供達はすごいことをやったのです。6年生のリーダーを始め、子供達みんな、ありがとう。


発声練習の時間

 学校探検の後、子供の合唱団同士で、お互いの発声練習を見合うことになりました。
僕たちは、いつも通りの朝練の様子を見てもらいました。
 多分、他の合唱団が見ると、かなり変わった練習法だと思います。
 まずは楽しくスタートし、次に一人一人の声量アップのトレーニング。ハイテクマシーンを使った方法です。この方法で、声量はかなりアップしました。詳しいことはヒ・ミ・ツ。

 韓国の合唱団の発声指導を見せてもらいました。すると、とても本格的なものでした。
まず、姿勢をきちんとする。まるでバレリーナのような美しい姿勢です。


 
 次に、息を大きく吸い、スーーーーと長く息を出すトレーニング。
 発声すると、その声量の大きさにびっくりしました。みんなお腹から、大きく遠くへ飛ばす発声ができています。ただ声は頭声とは違いました。
 いくつかの発声指導を見せていただいたのですが、そのおもしろいことおもしろいこと。見ていると心の底からワクワクしてきます。本当に僕は合唱がすきなんだな〜と心底感じながら見ていました。子供達は一生懸命メモしています。




合唱披露

 その後、講堂へ移動し、うちの学校、韓国の子供達の合唱団、そして大人の合唱団の順に合唱披露しました。

 僕たちは、今まで歌いこんだ「わたしが呼吸するとき」を歌いました。
「平和を願った曲です。」という曲の紹介があると、大きな拍手が生まれました。
 きれいな頭声の声が響きます。歌い終わった後、再び大きな拍手が生まれました。気持ちいい。



 韓国の子供達は「Wonderful Korea」という曲。ワールドカップの応援に用いられた「ワールドカップ手拍子」とアリランという古くからの民謡を融合させた力みなぎる美しい合唱曲です。子供達のふりつけがまたいい。最後バチっときまって、拍手喝采でした。



 そして、大人の合唱団は「ひきがえる」という曲。韓国固有の童謡をメドレーに編曲した曲だそうです。大人の魅力いっぱいの迫力ある合唱でした。


 
 あっという間にお別れの時間になりました。最後にみんなで記念写真をとりました。
韓国の人たちと日本人の私たちが一つの写真に納まっています。うれしい写真です。




後かたづけで感動

 その後、子供達を半分に分け、働いてもらいました。
 一方の子供達は、音楽室を元通りにし、昼食会場にする作業。
 もう一方の子供達は、講堂のイスを撤収する作業。

 子供達、どんどん動いてくれました。本当にいい子達だなあ。
 
 そして韓国の方々が昼食をとる中、子供達を解散させました。よく働いてくれた子供達に感謝しながら、さようならをしました。

 韓国の昼食の様子を見ていたお母さん方、「韓国の方々がいなくなった後の片付けに来ましょうか。」と言うのです。
 僕たちでやろうかと思っていたのですが、突然の申し出に、うれしくって涙が出そうになりました。
 子供達を家に送り、急いで昼食の準備をされたお母さん方、急いで学校の方に来てくださいました。そして、どんどん片付けの作業をして下さり、昼食場所はあっという間にきれいになりました。

おわりに

 この日は、僕にとって、夢のような楽しい一日でした。
 韓国の方々に喜んでもらえた一日。
 子供達のすてきさをたくさん見れた一日。
 そしてお母さん方の応援に熱くなった一日。
 ただただ感謝の言葉しか出てきません。

 歌って本当にすばらしい。心と心が通じ合います。そしてそこから生まれたすばらしい体験。本当に楽しくってすばらしい体験ができたと思います。

 心のそこからありがとうと言いたいです。
 合唱に出会えて、本当に良かったです。


PS.その夜のコンサートも、本当にすばらしいものでした。
たまたま韓国側の広報カメラマンの方と隣り合わせになった僕。名刺交換をしました。
片言の英語で会話をしたのですが、子供達の踊りがすばらしいわけがわかりました。
ダンス専門のコーチがいるそうなのです。
かわいい振り付けに魅了されました。
また、日本の大地讃頌も感動しました。
更に、校長先生の指揮による「君をのせて」これも良かったです。
校長先生の指揮がかっこよかったと、ロビーで評判でした。


フォト蔵に写真をアップしました