合唱団通信20101211号
韓国の合唱団との交流会、迫る!
はじめに 
 韓国の合唱団との交流がいよいよ18日(土)9:00〜12:00に迫ってきました。
韓国の大田市という所からやってきます。


 大田市は韓国の中央にあり、人口約140万人の韓国第5の都市だそうです。科学技術にとても力を入れている市でもあるそうです。その大きな都市から二つの合唱団がやってきます。
 大田市中区シニア女性合唱団(大人の合唱団・約40名)と
 大田市中区ムジゲ少年少女合唱団(子どもの合唱団・約30名)です。
関係者を含めると総勢94名の大集団です。
パンフレットを読んだのですが、すごい合唱団みたいです。

どういう交流会にしようか 
 どういう交流会にしようか、今校長先生と相談中なのですが、今は、次のようなことを考えています。
・お互いの発声指導を見せ合う。
 一流の合唱団の発声指導を見るチャンスです。またうちのハイテクマシーンを使った(笑)発声指導も見てもらいます。
・歌で遊ぶ
 一緒にハローハローやアルプス一万尺をやったら楽しそうですよね。
・歌の披露
 お互いに合唱の歌声を披露しあうってのもおもしろいですよね。
・学校案内
 グループにわけ、学校探検みたいにして、学校案内をすると楽しそう。でも、これは言葉が通じないからだめかな?
・練習見学
 夜にコンサートをするそうです。(注・後で詳しく)そのコンサートに向けて、練習をしていただこうと思っています。その練習の様子を見学するのも勉強になりますね。
 その他、何か楽しいアイデアがあったら教えてくださいね。

11月の成長の記録
 今日、11月の成長の記録を一人一人に渡しました。
これが先月の合唱団への出席状況です。
 用紙にも書いてありますが、
◎は、時間に間に合い、みんなのために準備の仕事をしてくれた日。
○は、時間に間に合った日。
△は、遅刻した日です。

 それぞれ%も出して10月の記録とくらべられるようにしてみました。

今からここから
 ◎や○、出席の%の数字が10月より伸びた人。おめでとう!!成長しましたよ!!自分で自分を大いにほめてください。そして今月もこの調子です。
 逆に数字の落ちた人、△の数字の大きくなった人、残念ですね。
 でもそう思った人は、成長のチャンスです。原因を考え、今月はよくなれるようにがんばればいいのです。いまからここから。人は変われます。自分が変われば未来は変わります。そしてそれが自分の心の成長をさせます。
 
 練習にしっかり間に合い、さらにみんなのためにいろんな準備や仕事ができる力は、将来、中学の部活動や大人になっての仕事でも大いに役立ちます。幸せに生きる助けになるでしょう。
 単に歌のうまい子を育てるのではなく、合唱を通して、人として成長してもらいたい。それが、先生の願いです。

アンサンブルコンテスト練習用CDを渡しました
 石川県ヴォーカルアンサンブルコンテストが1月30日(日)に金沢の文教会館で開催されます。
 子供達の希望を聞くと、4年・5年・6年全員出たいとのこと。そこで、今年は学年ごとにチームを編成し、3グループ出場させたいと思っています。
 今日、練習用CDを渡しました。
 今回は、小学校の部が新設されました。他の学校も出てくるでしょう。自分達の実力を試すことができます。
 アンサンブルコンテストは、歌う人数が少なく、それだけ一人一人の歌唱力が必要です。
すべてのパートが歌えるようになるまで、おうちでも練習してください。また、これらの歌は、全員でも歌えるようにしたいと思っています。

保護者のみなさんへ
 交流会当日(12月18日)の夜、韓国の合唱団のコンサートがあります。
韓国大田市合同合唱団来日親善演奏会
場所:小松市民センター大ホール
時間:午後6時30分より
入場券:一般1000円・高校生以下500円
校長先生も出演されます。


今日、チラシを子供達に渡しました。チケットは学校で購入できます。

観覧ご希望の方は、
学年・組・名前・希望枚数(例・6年3組山田太郎・大人1子供1)
を書いた封筒に代金を入れ、僕か校長先生にご提出下さい。
 代金と引き換えに、その封筒にチケットを入れ、お子さんにお渡しします。
なお、演奏会の観覧は大人の方同伴ということでお願いします。

おわりに
 振り返ると、いろいろあった一年でした。もう年末です。今年最後の大きなイベント。とても楽しみです。
(歓迎のポスターを作りました。)